マーケティングの仕組みはまったく変わりました。

ダイヤモンド・ザイ1月号は「株主優待ベスト130」! 桐谷さん&株主優待ブロガー&読者の厳選銘柄や、 12月~4月の権利確定月別銘柄ランキングを大発表! – 最新記事

11月21日(火)発売の『ダイヤモンド・ザイ1月号』の大特集は「株主優待ベスト130」!株主優待名人の桐谷広人さんや人気ブロガー、ダイヤモンド・ザイ読者に株主優待の人気投票アンケートを実施し、12~4月の権利確定月別にベスト130銘柄を発表している。さらに「配当+株主優待利回り」や「少額で買える」ランキング、桐谷さん注目の株主優待の4大トレンド、失敗しない投資ワザも紹介! ダイヤモンド・ザイ1月号をチェックして、株主優待株で値上がり益と株主優待のダブル取りを目指そう!

続きを読む
 

中国の家電量販店大手Suning(蘇寧電器)、顔認証で買い物できるビッグデータ・ドリブンの無人店舗を上海にオープン

中国の家電量販店 Suning(蘇寧電器)は11月6日、顔認証決済システムを備えた2番目となる無人店舗を上海にオープンしたと、中国メディアの The …

The post 中国の家電量販店大手Suning(蘇寧電器)、顔認証で買い物できるビッグデータ・ドリブンの無人店舗を上海にオープン appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).

続きを読む
 

少額で投資できる株主優待銘柄ランキングを発表! 2万円台で買えて優待もある「山喜」など10銘柄と、 株主優待名人・桐谷さん流のお得な投資術を紹介! – 最新記事

少額で買える株主優待銘柄ランキング、ベスト10を発表!11月21日に発売するダイヤモンド・ザイ1月号の巻頭特集「株主優待ベスト130」では、株主優待名人・桐谷さんや人気ブロガー、ダイヤモンド・ザイ読者に株主優待の人気投票アンケートを実施し、12~4月の権利確定月別にベスト130銘柄を発表している。今回はその中から、少額で買える株主優待銘柄ランキングをピックアップ! ダイヤモンド・ザイ1月号では30位まで掲載しているが、ここでは上位10銘柄を抜粋して紹介しよう!

続きを読む
 

中国のオンライン・マイクロレンディング「Lexin(楽信)」、5億米ドルの調達を目指しNASDAQ上場を申請

中国の若年消費者をターゲットとするオンライン・マイクロレンディング・プラットフォームを運営する Lexin Fintech Holdings(楽信控股…

The post 中国のオンライン・マイクロレンディング「Lexin(楽信)」、5億米ドルの調達を目指しNASDAQ上場を申請 appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).

続きを読む
 

不動産クラウドファンディングのクラウドリアルティ、SBI FinTechファンドやMUFG傘下金融各社から3.5億円を調達

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは20日、SBI FinTech ファンドと三菱 …

The post 不動産クラウドファンディングのクラウドリアルティ、SBI FinTechファンドやMUFG傘下金融各社から3.5億円を調達 appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).

続きを読む
 

DMMがCASHを70億円で買収ーー亀山氏「おい、なんか買えるっぽいぞ!」からの舞台裏、光本氏と片桐氏が切り開く”即時買取の新市場”

10月4日、この男のメッセージから物語は始まる。 「こんにちは〜!亀山です〜!」 「CASH売って〜!」 「無理?」 最後の一行が「無理」じゃなかった…

The post DMMがCASHを70億円で買収ーー亀山氏「おい、なんか買えるっぽいぞ!」からの舞台裏、光本氏と片桐氏が切り開く”即時買取の新市場” appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).

続きを読む
 

知識創造は「コラボレーション」によって膨らんでいく – ソーシャルメディア進化論2017

ビジネスシーンでもよく耳にするようになった「コラボレーション」という言葉。なぜいま多くの企業がコラボレーションに着目しているのだろうか。一橋大学の野中郁次郎名誉教授が、コラボレーションにおける共感の重要性を説く。

続きを読む
 

浦和とACL優勝を争うアル・ヒラルとはどんなチームか – SPORTS セカンド・オピニオン

浦和レッズがアジア王者の座をつかみ取ろうとしているが、相手のアル・ヒラルも手ごわい。ACL決勝進出回数は最多の5回を誇り、2回の優勝がある中東の雄だ。Jリーグでもプレーした監督のラモン・ディアスは日本のサッカーをよく知っており、どんな戦術を使って来るか不気味だ。

続きを読む
 

中国の顔認証技術に活況投資、監視用の需要も後押し – ロイター発 World&Business

センスタイムグループや北京曠視科技(フェイス++)など顔認証技術を手掛ける中国の新興ハイテク企業に、国内外から投資資金が流入している。中国は当局の監視目的と商用利用の両面から顔認証技術への需要が旺盛で、市場拡大への期待が高いためだ。

続きを読む
 

元海将が明かす、核戦争前提で北を先制攻撃する「5015作戦」の全貌(上) – DOL特別レポート

11月14日に終わったトランプ米大統領のアジア歴訪は北朝鮮問題より対中戦略が一番の主眼だった。北への米国の軍事介入の可能性は、中国の対北交渉がうまくいくかどうか、その場合、「4つのNO」がキーワードになると、伊藤俊幸・元海将は見る。

続きを読む
 

元海将が明かす、核戦争前提で北を先制攻撃する「5015作戦」の全貌(下) – DOL特別レポート

北への米国の軍事介入が行われたら、日本にある米軍基地や首都圏などに北のミサイルが飛んで来る可能性がある。「第二次朝鮮戦争」を回避できるかどうかは、中国の対北交渉がうまくいくかどうか、その場合、「4つのNO」がキーワードになると、伊藤俊幸・元海将は見る。

続きを読む
 

中国・習近平がトランプの「米国第一主義」を歓迎する理由 – 加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ

ドナルド・トランプ米大統領(以下敬称略)の初となるアジア訪問が終了した。日本、韓国に続いて訪問した中国において、同大統領は国事訪問という枠組みのなかで“超国賓待遇”のもてなしを受けた。中国の狙いとは。

続きを読む
 

労災で会社に慰謝料500万円要求しながらパチンコ三昧、作業員vs社長の顛末 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

建設現場の作業員が仕事中にケガをし、労災請求。2週間ほどで治るはずだったのに、働けなくなったことを口実に、会社に対して500万円もの慰謝料請求をしてきた。会社はその時どう対応すべきか?

続きを読む
 

「様」と「さま」どっちが正しい?今さら聞けないメールの極意 – 気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ

社会人ならばメールの文面に悩んだことのない人はいないはず。「丁寧のつもりが誤った日本語」「慇懃すぎて逆に失礼に感じる」…こんなメールをもらって驚いたことはないでしょうか?そこで『気のきいた短いメールが書ける本』を参考に、馴れ馴れしくなく、よそよそしくない、ちょうどいいメールが書けるテクニックお届けします。

続きを読む
 

幸せになることができない3つのタイプの人間とは? – アルフレッド・アドラー100の言葉

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』の発売を記念して、本作、また、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』から一部を特別公開する。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてほしい。

続きを読む
 

マネタイズは、将来の顧客価値提案のためにある – 戦略としてのマネタイズ

ビジネスモデルとは、顧客を喜ばせながら、同時に企業が利益を得る仕組みのこと。しかし、現在のビジネスモデルは、あまりにも利益を得る仕組み、すなわち、マネタイズ(収益化)に対する理解が少ないと言えます。マネタイズは、将来の顧客価値提案のためにあり、それを度外視して決めることはできません。それほど密接に関係しているにもかかわらず、別々に取り扱われていることが多いです。本連載では、最新作『マネタイズ戦略』を上梓した経営学者の川上昌直氏がマネタイズの基本的な考え方をお伝えしたあと、実業界で活躍している経営者や人気クリエイター等との対談を通して、マネタイズについて、顧客価値提案についてどう考えているかを明らかにしていきます。

続きを読む
 

ブラックベリーはなぜ、iPhoneを見逃したのか – シグナル:未来学者が教える予測の技術

AI(人工知能)、ゲノム編集、自動運転、フィンテック、IoT……世間をにぎわす最先端のトレンドは、すでに十何年も前から姿を見せていた。スマートフォンもしかり。1997年、東京・秋葉原で、著者エイミー・ウェブは、やがて大きなうねりとなる「シグナル」をたしかに聞いた――。
あらゆる予兆は、今この瞬間、どこかに現れている! 次なる「主流“X”」の見抜き方とは? その秘訣の一部を、『シグナル:未来学者が教える予測の技術』から無料公開する。

続きを読む
 

考えるとは「知識の価値観を捨てる」こと – 考える練習をしよう

AIがあらゆる職場に浸透する日も遠くないかもしれません。そんな時代に、私たちに何よりも必要とされるのが「自分の頭で考える力」です。ベストセラー『地頭力を鍛える』で知られる細谷功氏が、主に若い世代に向けて「自分の頭で考える」とはどういうことかについて解説した最新刊『考える練習帳』。本連載では、同書のエッセンスをベースに、「自分の頭で考える」ことの大切さとそのポイントを、複眼の視点でわかりやすく解説していきます。

続きを読む
 

Tech in Asia、韓国ハンファグループのリードで660万米ドルを調達

Tech in Asia は2011年、「アジアのテックおよびスタートアップ・エコシステムの構築と貢献」という一つのミッションを胸に設立された。 エコ…

The post Tech in Asia、韓国ハンファグループのリードで660万米ドルを調達 appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).

続きを読む
 

低金利の住宅ローン「スーパーフラット8」なら、 年収480万円でも5000万円の不動産が購入可能?! – 住宅ローンの選び方

住宅ローンのフラット35のなかでも低金利で売っているアルヒの「スーパーフラット」ですが、頭金が2割以上必要な「スーパーフラット8」だと、年収480万円でも500万円の不動産が購入可能です。そのカラクリを説明するとともに、10月に投入したばかりの頭金が1割以上必要な「スーパーフラット9」の活用方法もあわせて検討してみましょう。

続きを読む
 

カタルーニャ州やクルド人自治区の独立問題にみる デモクラシーのコスト [橘玲の日々刻々] – 橘玲の日々刻々

世界有数の観光地バルセロナのあるカタルーニャ州の独立問題でスペインが混乱しています。10月1日に行なわれた独立の是非を問う住民投票で9割を超える賛成を得た(ただし半数は棄権)ことでプッチダモン州首相は「カタルーニャ共和国」の独立宣言に署名、州議会で賛成多数で可決されましたが、住民投票自体が憲法裁判所で差し止められており、中央政府は州政府幹部を更迭し直接統治を行なうことを決めました。プッチダモン州首相は国家反逆罪や扇動罪で起訴され、州政府幹部とともにベルギーに脱出しました。

続きを読む
 

「ABホテル」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他のホテル事業を行う企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想

ABホテルのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

続きを読む
 

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は? 2017年11/13~11/17までにSBI証券で買われた 国内株式買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング

【NISA口座】2017年11/13~11/17までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。ここではSBI証券が発表している株式と投資信託の買付金額と保有残高のランキングをご紹介しよう!(毎週更新) 

続きを読む
 

「ミダック」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他の廃棄物処理企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想

ミダックのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

続きを読む
 

マシン・データの雄「スプランク」が好業績を発表! アマゾンのAWSともタッグを組み、企業がIT部門に 投資する際、真っ先に導入を検討するサービスとは? – 世界投資へのパスポート

「マシン・データ」とは、世の中に溢れているデバイスやセンサーから発せされる、雑多なデータのことを指します。それを整理整頓し、見やすく、使いやすくする企業が、スプランク(ティッカーシンボル:SPLK)なのです。先週、スプランクは、2018年度第3四半期(10月期)決算を発表。EPSは予想14セントに対し17セント、売上高は予想3.09億ドルに対し3.29億ドル、売上高成長率は前年同期比+34.3%と、すこぶる好調でした。この好決算を見て、同社株は急騰しています。今回のスプランクの決算は、新規株式公開(IPO)されて以来、最も力強い決算だったと言えると思います。

続きを読む