マーケティングの仕組みはまったく変わりました。

変態決済国家日本は「PayPayの10日間」をどう見たーー #IVS で語られた日本キャッシュレス化、推進のカギはどこに

セッションサマリ:金沢で開催中の招待制カンファレンス「Infinity Ventures Summit 2018 Winter」で提供されたペイメント…
投稿 変態決済国家日本は「PayPayの10日間」をどう見たーー #IVS で語られた日本キャッシュレス化、推進のカギはどこに は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

人工知能がムダな広告費85%カットに成功ーーReproがAI研究結果を公表

ニュースサマリ:モバイルアプリ/ウェブのマーケティングツール「Repro」のAI活用が成果を出している。11月末に公表された集英社での事例では、マンガ…
投稿 人工知能がムダな広告費85%カットに成功ーーReproがAI研究結果を公表 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

エキサイトの代表取締役社長にXTech西條晋一氏が就任——社外取締役にユナイテッド会長の早川与規氏、overflow代表の鈴木裕斗氏を招聘

今年9月、スタートアップスタジオ運営の XTech(クロステック)が、ポータルサイト大手のエキサイトを TOB(株式公開買い付けによる買収)することを…
投稿 エキサイトの代表取締役社長にXTech西條晋一氏が就任——社外取締役にユナイテッド会長の早川与規氏、overflow代表の鈴木裕斗氏を招聘 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

ホテルなのに民泊「WhyHotel」ホテルマン常駐の高級アパートが1,000万ドル調達ほかーー【今日の調達まとめ読み】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。資金調達に成功した事例をデータベースとして毎日更新中。…
投稿 ホテルなのに民泊「WhyHotel」ホテルマン常駐の高級アパートが1,000万ドル調達ほかーー【今日の調達まとめ読み】 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来とは

ピックアップ:Exclusive: Airbnb will start designing houses in 2019 ニュースサマリー:民泊サービ…
投稿 Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来とは は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

暗号通貨をコンビニで買える「ADAクリプトカード」、メタップスプラスとEMURGOが韓国で発売開始

メタップスの子会社、メタップスプラスとEMURGOは12月11日、仮想通貨ADAカードを共同で発表した。EMURGOは韓国企業でCardanoブロック…
投稿 暗号通貨をコンビニで買える「ADAクリプトカード」、メタップスプラスとEMURGOが韓国で発売開始 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

宿泊業界特化SaaS「TradFit」1.1億円調達、AIスピーカーでホテルの業務改善担う

ホテルや旅館等の宿泊業界に特化したSaaSを運営するTradFitは12月12日、第三者割当増資と日本政策金融公庫の挑戦支援資本強化特例制度(資本性ロ…
投稿 宿泊業界特化SaaS「TradFit」1.1億円調達、AIスピーカーでホテルの業務改善担う は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

ニッセイ・キャピタル、フォローオン出資に特化した100億円規模のユニコーン創出ファンドを組成へ

ニッセイ・キャピタルは17日、出資総額100億円規模となるファンド「ニッセイ・キャピタル EX 1号」を新規に組成することを明らかにした。ファンドの名…
投稿 ニッセイ・キャピタル、フォローオン出資に特化した100億円規模のユニコーン創出ファンドを組成へ は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

ソニー・ミュージックエンタテインメントの「ENTX」が初デモデイを開催、アスリートらがファンから資金調達できる「whooop!」が最優秀賞に

ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は13日、同社初となるアクセラレーションプログラム「ENTX(エンタエックス)」のデモデイを開催した。…
投稿 ソニー・ミュージックエンタテインメントの「ENTX」が初デモデイを開催、アスリートらがファンから資金調達できる「whooop!」が最優秀賞に は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

Walmartが200万点以上のポスターや絵画を扱うECサイト「ART.COM」を買収ーー【今日の調達ウォッチ】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。資金調達に成功した事例をデータベースとして毎日更新中。…
投稿 Walmartが200万点以上のポスターや絵画を扱うECサイト「ART.COM」を買収ーー【今日の調達ウォッチ】 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

ヤマハとコニカミノルタが語る「経営におけるデザインの役割」とは【DFI2018】

btraxでは毎年デザインと経営の融合をテーマにしたカンファレンスDESIGN for Innovationを開催し、3年目となる今年は10月11日(木)にFiNC有楽町にて行われた。
当日は様々な切り口でデザインと経営に関する基調講演やパネルディスカッションが行われたのだが、その中の一つではヤマハ発動機の長屋明浩氏とコニカミノルタの平賀明子氏をゲストスピーカーとしてお招きし、日々経営やビジネスに対してどのようにデザインの価値を取り入れているのかお話を伺った。
お二人ともデザイナー出身でありながら執…

続きを読む
 

「Paktor」や「17 Media(17直播)」運営のM17 Entertainment、モバイルゲームの雄Terry Tsang(曽建中)氏らから2,500万米ドルを調達

シンガポール拠点のデーティングプラットフォーム「Paktor」や台湾のビデオストリーミングプラットフォーム「17 Media(17直播、日本でのサービ…
投稿 「Paktor」や「17 Media(17直播)」運営のM17 Entertainment、モバイルゲームの雄Terry Tsang(曽建中)氏らから2,500万米ドルを調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

LINE、韓国のサイバーセキュリティ会社GrayHashを買収

LINE Plus は12日、攻撃的研究とハッキング対抗法に特化したオンラインセキュリティ研究センター、GrayHash(그레이해쉬)を買収したと発表…
投稿 LINE、韓国のサイバーセキュリティ会社GrayHashを買収 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

インドのオンライン食肉マーケットプレイス「Licious」運営、シリーズDグロースラウンドでニチレイなどから2,500万米ドルを調達

オンライン食肉マーケットプレイス「Licious」を運営する、バンガロール拠点のスタートアップ Delightful Gourmet は、シリーズ D…
投稿 インドのオンライン食肉マーケットプレイス「Licious」運営、シリーズDグロースラウンドでニチレイなどから2,500万米ドルを調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

AI活用で記憶定着を効率化するeラーニングシステム「Monoxer(モノグサ)」運営、UB VenturesやiSGS IWなどから約1億円をシード調達

AI を活用し記憶を定着させる e ラーニングシステム「Monoxer(モノグサ)」を開発・提供するモノグサは17日、UB Ventures、iSGS…
投稿 AI活用で記憶定着を効率化するeラーニングシステム「Monoxer(モノグサ)」運営、UB VenturesやiSGS IWなどから約1億円をシード調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

クラウド無人受付「RECEPTIONIST」が特許取得、受付回数は65万回に

クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」を提供するディライテッドは12月7日、受付システム・受付プログラム及び受付方法において特許を取得した…
投稿 クラウド無人受付「RECEPTIONIST」が特許取得、受付回数は65万回に は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

クラウド無人受付「RECEPTIONIST」が特許取得、受付回数は65万回に

クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」を提供するディライテッドは12月7日、受付システム・受付プログラム及び受付方法において特許を取得した…
投稿 クラウド無人受付「RECEPTIONIST」が特許取得、受付回数は65万回に は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

オンデマンド配達のハコベルが10万配達達成、3年目のインフォグラフィックをラクスルが公開

ニュースサマリ:ネット印刷やTVCMなどビジネスオンデマンドを展開するラクスルは12月13日、同社が運営するオンデマンド配達「ハコベル」のインフォグラ…
投稿 オンデマンド配達のハコベルが10万配達達成、3年目のインフォグラフィックをラクスルが公開 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

オンデマンド配達のハコベルが10万配達達成、3年目のインフォグラフィックをラクスルが公開

ニュースサマリ:ネット印刷やTVCMなどビジネスオンデマンドを展開するラクスルは12月13日、同社が運営するオンデマンド配達「ハコベル」のインフォグラ…
投稿 オンデマンド配達のハコベルが10万配達達成、3年目のインフォグラフィックをラクスルが公開 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

エネルギー新市場でスタートアップが勝ち抜くには?——エネチェンジ創業者の城口洋平氏に聞く

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載…
投稿 エネルギー新市場でスタートアップが勝ち抜くには?——エネチェンジ創業者の城口洋平氏に聞く は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

配車サービス大手Grab、インドの格安ホテル予約スタートアップOYOへ1億米ドルの出資を交渉中【報道】

シンガポールに拠点を置く配車サービスの Grab は、インドのホテル予約サイト OYO への69億7,700万インドルピー(1億米ドル)の投資交渉に入…
投稿 配車サービス大手Grab、インドの格安ホテル予約スタートアップOYOへ1億米ドルの出資を交渉中【報道】 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

AlphabetのWaymo、自身初の商用無人タクシー「Waymo One」を発表

Alphabet の自動運転車部門 Waymo が5日、 自身初の自動運転タクシーサービスのローンチに向け大きな一歩を踏み出した。 すでにフェニックス…
投稿 AlphabetのWaymo、自身初の商用無人タクシー「Waymo One」を発表 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

再生場所と時間分析可能なタクシー上広告掲載「fireflyon」が2150万ドル調達ほかーー【今日の調達ウォッチ】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。資金調達に成功した事例をデータベースとして毎日更新中。…
投稿 再生場所と時間分析可能なタクシー上広告掲載「fireflyon」が2150万ドル調達ほかーー【今日の調達ウォッチ】 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」運営、シリーズAラウンドで約10.2億円を調達

製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」を運営するキャディは14日、シリーズAラウンドで約10.2億円を調達したと発表した。このラウン…
投稿 製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」運営、シリーズAラウンドで約10.2億円を調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

ロシアのインターネット大手Yandex、初のスマートフォンをローンチ

「ロシアの Google」と称されるインターネット大手 Yandex が、スマートフォンを初めてリリースした。 Yandex.Phone は5.65イ…
投稿 ロシアのインターネット大手Yandex、初のスマートフォンをローンチ は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

Experian、マレーシアで金融比較サイトを運営するJirnexuの1,000万米ドルの資金調達をリード

マレーシアのフィンテックスタートアップ Jirnexu は、シリーズ B ラウンドに追加で1,000万米ドルを調達したと発表した。この投資は世界的な消…
投稿 Experian、マレーシアで金融比較サイトを運営するJirnexuの1,000万米ドルの資金調達をリード は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

ブラジルのHoobox Robotics、IntelのAIカメラと表情認識を組み合わせ車椅子ユーザの移動をサポートするキット「Wheelie」を発表

表情で車椅子を操作できる AI システムを搭載した Wheelie を使い始めると面白いことが起こる、と Hoobox Robotics の CEO …
投稿 ブラジルのHoobox Robotics、IntelのAIカメラと表情認識を組み合わせ車椅子ユーザの移動をサポートするキット「Wheelie」を発表 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

副業モデルアプリ「週末モデル」運営のMONOKROM、淡輪敬三氏や河合総一郎氏らから7,860万円を調達

副業モデルアプリ「週末モデル」を運営する MONOKROM は19日、淡輪敬三氏や河合聡一郎氏ほか個人投資家数名から総額7,860万円を調達したと発表…
投稿 副業モデルアプリ「週末モデル」運営のMONOKROM、淡輪敬三氏や河合総一郎氏らから7,860万円を調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

東大発スタートアップのestie、オフィス賃貸物件の検索エンジンをβローンチ——AI活用で推定適正賃料を開示、移転時の物件絞り込みを効率化

東京に拠点を置くスタートアップ estie(エスティ)は13日、独自開発の AI でオフィスの推定適正賃料を開示する物件検索エンジン「estie」をβ…
投稿 東大発スタートアップのestie、オフィス賃貸物件の検索エンジンをβローンチ——AI活用で推定適正賃料を開示、移転時の物件絞り込みを効率化 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

新人営業マンを教育するAIチャットボット「Whiz.ai」が110万ドル調達ほかーー【今日の調達ウォッチ】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。資金調達に成功した事例をデータベースとして毎日更新中。…
投稿 新人営業マンを教育するAIチャットボット「Whiz.ai」が110万ドル調達ほかーー【今日の調達ウォッチ】 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

Xprize、IBM Watson提供のAIコンテスト最新情報を公開—優勝者に賞金500万米ドル、上位入賞者に「TED2020」のコンテスト参加権を提供

人工知能(AI)は社会貢献にも活用できる、そう断言するのが「社会的に大きな問題」を解決するプロジェクトをサポートする、非営利組織の Xprize であ…
投稿 Xprize、IBM Watson提供のAIコンテスト最新情報を公開—優勝者に賞金500万米ドル、上位入賞者に「TED2020」のコンテスト参加権を提供 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

パリのAgricool、都市でのハイテク農業拡大に向け2,800万米ドルを調達

Agricool は本日(12月4日)、大都市においてイチゴを栽培する特別製トレイラーを使ったシステムで2,800万米ドルを調達したと発表した。 パリ…
投稿 パリのAgricool、都市でのハイテク農業拡大に向け2,800万米ドルを調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

価格戦略支援の空(そら)、市場分析「ホテル番付」を料金設定支援「MagicPrice」にブランド統合——ホテル分野以外への進出も視野に

「ホテル番付」と「MagicPrice」を提供するスタートアップ空(そら)は12日、都内で記者会見を開き、MagicPrice の UI/UX をリニ…
投稿 価格戦略支援の空(そら)、市場分析「ホテル番付」を料金設定支援「MagicPrice」にブランド統合——ホテル分野以外への進出も視野に は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

人工知能を用いたアクセス解析ツール「AIアナリスト」開発のWACUL、シリーズCラウンドでリコーなどから5.6億円を調達

ウェブ改善コンサルティング事業を行う WACUL(ワカル)は12日、シリーズ C ラウンドで投資と融資により5.6億円を調達したと発表した。この調達ラ…
投稿 人工知能を用いたアクセス解析ツール「AIアナリスト」開発のWACUL、シリーズCラウンドでリコーなどから5.6億円を調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

GBとOmise創業者、長谷川氏がブロックチェーン事業支援「BUIDL」設立ーー企業資産を取引可にする「デジタルアセット化」の衝撃

ニュースサマリ:グローバル・ブレインとOmiseの共同創業者、長谷川潤氏は12月7日、ブロックチェーン関連の新会社「BUIDL(ビルド)」の設立を発表…
投稿 GBとOmise創業者、長谷川氏がブロックチェーン事業支援「BUIDL」設立ーー企業資産を取引可にする「デジタルアセット化」の衝撃 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

デートをコミットする出会い系アプリ「Dine」、飲食店向けノーショー対策機能「Dineプロテクト」を提供へ

デイティングアプリ「Dine(ダイン)」を運営する Mrk & Co(マーク・アンド・コー)は12日、Dine が提携(顧客誘導)する飲食店向…
投稿 デートをコミットする出会い系アプリ「Dine」、飲食店向けノーショー対策機能「Dineプロテクト」を提供へ は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

D2Cブランドに学ぶブランド認知向上に効果的なキャンペーン事例4選

日々D2C(Direct to Consumer)に特化した企業が興隆し、ユーザーに対しクリエイティブなアプローチをかけることでマーケットの割合を高めている。freshtraxでは過去何度かD2Cに関する記事を取り上げているが、今回はD2Cだからこそ実現できるユーザーとの密な関係構築とユーザーを引きつけるのに効果的なキャンペーンについて触れたいと思う。 関連記事:アパレル業界を席巻する新勢力 – Direct to Consumer (D2C) で成功した7つのブランド ユーザーの意識や購買行動の変化がD2Cブランドの支持に繋がっている? なぜD2Cブランドは店舗を持たないのにも関わらずユーザーから支持されるのか。それは、ユーザーの意識や購買行動の変化に関係がある。 インターネットを通じて情報にアクセスしやすくなったことで、ユーザーは商品やサービスに関する情報に対して敏感になっている。そのため、最近の傾向としてユーザーはブラントに対して透明性や信頼性を求めるようになったのだ。 仲買人を設けないD2Cブランドは、製造から販売までを一貫して行う。よって、ユーザーの手に届くまでの過程の透明性や、情報開示による信頼性をユーザーに感じてもらうことができる。実際に、リサーチ会社Forrester Reserchの調査によると、76%のD2Cブランドが予想通りかそれ以上の売上収益をあげているということがわかった。 もちろん変化したのはユーザーの意識だけではない。以前に比べ購買プロセスも大きく変わり、ユーザーは購買前・購買中・購買後全ての段階において良いユーザー体験を求めるようになったのだ。例えば、決済方法が少ないことやホームページの更新頻度が少ないことはは企業への信頼度が下がる要因になる。そのため企業は、ユーザーとの直接的な関係においてユーザーの思考や行動がどのようにビジネスに関係するかを常に把握しておく必要があるのだ。 このようにD2Cは企画・製造から販売までを一貫して行うことから様々なニーズに素早く対応することができるので、ユーザーからも大きな支持を得られるのだろう。 認知度を向上するベストなタイミングとは? ユーザーに関心を持ってもらうためにはブランドの認知度を向上する必要がある。その為にできる施策の一つとして、キャンペーンの実施が挙げられる。アメリカでは様々な種類のキャンペーンがあるが、中でもホリデーや季節イベントを利用したキャンペーンはユーザーを引きつける最高のタイミングと言っても過言ではない。 なぜなら、ホリデーや季節イベントがある時期はユーザーが一番新しいアイディアや商品、サービスに興味を持つタイミングだからだ。北米では毎年ホリデーの間にセールが開催されることが多く、全米小売業協会の試算では2017年に比べ2018年の休日の小売売上高は4.3%から4.8%上回るのではないかと見込まれている。 もちろん休日だけでなく季節のイベントにおいてもセールが開かれることは多く、以下に挙げるのがプロモーションに効果的なホリデー・イベントである。 ・Black Friday(ブラック・フライデー) 最近日本でも少しづつその名を聞くようになったブラック・フライデー。ブラック・フライデーは、アメリカで毎年11月の第4木曜日に催される「感謝祭」の翌日の金曜日のことで、この日はアメリカでは年末商戦の初日かつ最大の山場となる日と位置づけられている。ブラック・フライデーの由来は、あらゆるビジネスが利益を出し、赤字から黒字に変えてしまうという意味合いからきている。 2016年の調査によると、13億7400万人ものユーザーのうち74%がブラック・フライデーに買い物をすると回答した。もはや感謝祭の伝統の一つになりかけているといっても過言ではない。 ・Back to School(バック・トゥー・スクール) 日本では社会人や学生にとって春が新年度なのに対し、アメリカでは、夏と秋の季節の変わり目が新年度の開始を意味する。学生は新しい洋服や文房具を新調したい、そして大人は秋向けの洋服を買い替えたい時期なので、様々なセールがこの時期に行われている。 2017年には、アメリカ全土における小中高校・大学への進学、進級の準備にかける消耗品費用の総額が8260億ドルにも上ると推定された。これは、2016年の7580億ドルと比べ10%の上昇である。 ・クリスマス アメリカではクリスマスになると家族が集いプレゼント交換をしたり、友人や恋人と過ごすことが多い。そのため、全米小売業協会によると2018年のクリスマスでは、国内消費者一人当たり平均700ドルの出費をすると予測されている。これはアメリカ全体で4,670億ドルもの売上になるということだ。 それではD2Cブランドはどのようにこれらのイベントを活用して、ブランドの認知度や売上を増加させているのだろうか?以下では、4つのD2Cブランドによるキャンペーン事例を紹介したい。 ホリデーや季節イベントを活用したキャンペーン事例4選 1.Thirdlove(サード・ラブ) Thirdloveは、2013年にHeidi ZakとDave Spectorによってサンフランシスコで設立された女性向けの下着ブランドだ。現在は「全ての女性に合った商品を提供する」という理念の基、オンラインのみで商品を展開している。 2017年にThirdloveは、”12 Days of Gifting”(ギフトの12日間)といったキャンペーンを打ち出した。これは、クリスマスまでの12日間毎日抽選で異なる商品がプレゼントされるといったキャンペーンである。”12 Days of Gifting”は、友人や恋人に贈るクリスマスのギフトとしては人気のあるアイディアだが、ビジネスとしてこのようなキャンペーンを打ち出した会社は少ない。 12日間毎日商品がSNSで紹介され、以下の3ステップを行うことで投稿へのインプレッション増加、フォロワー増加、そしてギフトを無料でプレゼントすることによるブランドのイメージアップを成功させた。 ①投稿を「いいね!」する ②SNSアカウントをフォローする ③コメント欄にギフトを送りたい友人のアカウント名を投稿する また、クリスマス用のプレゼント選びに迷うユーザーに対して、オススメの商品をブログで提案するといった取り組みもあって、既存のユーザーだけでなく潜在顧客にもブランドの良い印象を与えることに成功した。 このキャンペーンを行う前は、インスタグラムの各投稿における「いいね!」数が250から1,000に止まっていたのに対し、このキャンペーンが始まってから最初の投稿には、14,600もの「いいね!」があり、キャンペーン全体を通して高い数値を打ち出している。クリスマスとSNSを上手く活用しユーザーとの交流を図ることで、ブランドへのロイヤリティを高めることに成功したのだ。 2.Frank and Oak(フランク・アンド・オーク) Frank and Oakはモントリオールに本社を置く衣料品店。2012年にEthan SongとHicham Ratnanによって立ち上げられ、設立当初からグローバル展開をしている。企業理念には「男女ともにおしゃれな衣服を安く提供すること」を掲げている。 Frank and Oakはクリスマスにキャンペーンを行ったのだが、他のブランドとは違った施策を行った。“And”コレクションと呼ばれる衣服の販売を筆頭に、インクルージョン(一人ひとりが異なる存在として受け入れられ、その違いが活かされること)、平等そしてダイバーシティに焦点を置いたキャンペーンをクリスマスの数週間前に始めたのだ。 (画像は公式ウェブサイトより引用) 具体的な取り組みとしては、”And”という文字がプリントされたユニセックスの衣服を販売し、ユーザーがこのコレクションから衣料品を購入した場合、そのうちの5ドルが人権擁護を目的とした教育プログラムに寄付されるといったプロジェクトを行った。 Frank and Oakはこの季節をキャンペーンに上手く活用し、「coming together(一体となる/団結する) 」というテーマの基、人と違うことに誇りを持つことが重要だというメッセージを発信した。このキャンペーンを通して、寄付や啓蒙といった社会貢献を行うと同時に、Frank and Oakを知らなかった潜在顧客に関心を持ってもらうことができた。 3.Glossier(グロッシアー) Glossierはニューヨークに本社を置く化粧品ブランドで、2010年にEmily Weissによって設立された。実店舗はアメリカ国内に数店舗だけ存在し、ポップアップストアも出店されている。 「メイクアップをファッションのようにパーソナライズする」というミッションを掲げるGlossierは、2017年9月に異なる体型や職業を持つ女性5人を紹介する”Body Hero Campaign”を実施。 体型のコンプレックスを持ちがちな女子学生に対して、ポジティブなマインドを持ってもらいたいという思いから、バック・トゥ・スクールの時期にキャンペーンを行った。このキャンペーンは開始直後1週間で3万3千ドルの利益をだし、5千人ものユーザーがハッシュタグ#BodyHeroを使い、Glossierのブランド認知が一気に向上したのだ。 (画像は公式ウェブサイトより引用) また、Glossierはブラック・フライデーも上手く活用している。2017年のブラック・フライデーでは送料無料のキャンペーンが1週間続いて行われ、2016年に実施した3日間のキャペーンに比べ、期間を大幅に延長した。このキャンペーンは一般的なブラック・フライデーのセール時期よりも一足先に開始され、他のブランドよりも早く宣伝することで、認知度の確保、また顧客の予算の確保が可能となったのだ。 4.Warby Parker(ワービー・パーカー) Warby Parkerはアイウェアアクセサリーの店舗で、ニューヨークに本社を置いている。2010年にNeil Blumenthal、Andrew Hunt、David Gilboa、そしてJeffrey Raiderによって設立されアメリカとカナダの各地に店舗を展開している。 (画像は公式ウェブサイトより引用) Warby Parkerは他のブランドとは少し異なったキャンペーンを打ち出した。休日やその他のイベントを利用するのではなく、2017年に起こった大きなイベントを自社ブランドの認知度をあげる絶好の機会にしたのだ。その大きなイベントとは日食である。 2017年の日食はアメリカで最後に日食が起こってから実に99年ぶりの大イベントだったので大きく注目された。皆さんご存知だとは思うが日食とは月が太陽と重なり、完全に見えなくなる現象である。Warby Parkerはこれをユーザーにリーチする最適な機会だと考え、日食イベントのコミュニティに参加した。 (画像は公式ウェブサイトより引用) 日食の1週間前から、潜在顧客と既存のユーザーに対して安全に日食を鑑賞し十分に楽しむための知恵をSNS等でシェアした。この行動は、企業がユーザーを気にかけ価値のある情報を提供していることを示し、信頼を得るための絶好の機会となった。また同社は当日、日食を見に行きたいと思っている人達が集って共に日食を楽しむことのできるイベントも開催した。 彼らは国内のコミュニティすべてに対し大きなファンベースを作り上げ、ブランドの認知とイメージ向上を成し遂げた。このイベントの会場の一つでもあるテネシー州のナッシュビルでは、100人弱の参加者が集まり無料で日食用メガネを配布するなどした。これによりWarby Parkerは、企業が顧客と直接関わり合えるコミュニティを作り上げることに成功した。 最後に 冒頭でもお伝えしたが、ユーザーの意識や購買行動の変化に伴い今後ブランドは彼らのニーズや関心を素早く察知して、行動に起こすことが重要となる。アメリカではオンラインでの買い物が主流になっているので今回紹介したようなD2Cブランドの存在も大きくなっているのだろう。今後も引き続きD2Cブランドの動向に着目していきたい。 btraxではユーザーのインサイトに基づいたD2Cブランドのグローバル進出をサポートしている。今回ご紹介したようなユーザー獲得のためのプロモーション活動だけではなく、ウェブサイトの構築を含むブランド認知のためのマーケティング戦略立案も一貫して行っているので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせを。

続きを読む
 

D2Cブランドに学ぶブランド認知向上に効果的なキャンペーン事例4選

日々D2C(Direct to Consumer)に特化した企業が興隆し、ユーザーに対しクリエイティブなアプローチをかけることでマーケットの割合を高めている。freshtraxでは過去何度かD2Cに関する記事を取り上げているが、今回はD2Cだからこそ実現できるユーザーとの密な関係構築とユーザーを引きつけるのに効果的なキャンペーンについて触れたいと思う。 関連記事:アパレル業界を席巻する新勢力 – Direct to Consumer (D2C) で成功した7つのブランド ユーザーの意識や購買行動の変化がD2Cブランドの支持に繋がっている? なぜD2Cブランドは店舗を持たないのにも関わらずユーザーから支持されるのか。それは、ユーザーの意識や購買行動の変化に関係がある。 インターネットを通じて情報にアクセスしやすくなったことで、ユーザーは商品やサービスに関する情報に対して敏感になっている。そのため、最近の傾向としてユーザーはブラントに対して透明性や信頼性を求めるようになったのだ。 仲買人を設けないD2Cブランドは、製造から販売までを一貫して行う。よって、ユーザーの手に届くまでの過程の透明性や、情報開示による信頼性をユーザーに感じてもらうことができる。実際に、リサーチ会社Forrester Reserchの調査によると、76%のD2Cブランドが予想通りかそれ以上の売上収益をあげているということがわかった。 もちろん変化したのはユーザーの意識だけではない。以前に比べ購買プロセスも大きく変わり、ユーザーは購買前・購買中・購買後全ての段階において良いユーザー体験を求めるようになったのだ。例えば、決済方法が少ないことやホームページの更新頻度が少ないことはは企業への信頼度が下がる要因になる。そのため企業は、ユーザーとの直接的な関係においてユーザーの思考や行動がどのようにビジネスに関係するかを常に把握しておく必要があるのだ。 このようにD2Cは企画・製造から販売までを一貫して行うことから様々なニーズに素早く対応することができるので、ユーザーからも大きな支持を得られるのだろう。 認知度を向上するベストなタイミングとは? ユーザーに関心を持ってもらうためにはブランドの認知度を向上する必要がある。その為にできる施策の一つとして、キャンペーンの実施が挙げられる。アメリカでは様々な種類のキャンペーンがあるが、中でもホリデーや季節イベントを利用したキャンペーンはユーザーを引きつける最高のタイミングと言っても過言ではない。 なぜなら、ホリデーや季節イベントがある時期はユーザーが一番新しいアイディアや商品、サービスに興味を持つタイミングだからだ。北米では毎年ホリデーの間にセールが開催されることが多く、全米小売業協会の試算では2017年に比べ2018年の休日の小売売上高は4.3%から4.8%上回るのではないかと見込まれている。 もちろん休日だけでなく季節のイベントにおいてもセールが開かれることは多く、以下に挙げるのがプロモーションに効果的なホリデー・イベントである。 ・Black Friday(ブラック・フライデー) 最近日本でも少しづつその名を聞くようになったブラック・フライデー。ブラック・フライデーは、アメリカで毎年11月の第4木曜日に催される「感謝祭」の翌日の金曜日のことで、この日はアメリカでは年末商戦の初日かつ最大の山場となる日と位置づけられている。ブラック・フライデーの由来は、あらゆるビジネスが利益を出し、赤字から黒字に変えてしまうという意味合いからきている。 2016年の調査によると、13億7400万人ものユーザーのうち74%がブラック・フライデーに買い物をすると回答した。もはや感謝祭の伝統の一つになりかけているといっても過言ではない。 ・Back to School(バック・トゥー・スクール) 日本では社会人や学生にとって春が新年度なのに対し、アメリカでは、夏と秋の季節の変わり目が新年度の開始を意味する。学生は新しい洋服や文房具を新調したい、そして大人は秋向けの洋服を買い替えたい時期なので、様々なセールがこの時期に行われている。 2017年には、アメリカ全土における小中高校・大学への進学、進級の準備にかける消耗品費用の総額が8260億ドルにも上ると推定された。これは、2016年の7580億ドルと比べ10%の上昇である。 ・クリスマス アメリカではクリスマスになると家族が集いプレゼント交換をしたり、友人や恋人と過ごすことが多い。そのため、全米小売業協会によると2018年のクリスマスでは、国内消費者一人当たり平均700ドルの出費をすると予測されている。これはアメリカ全体で4,670億ドルもの売上になるということだ。 それではD2Cブランドはどのようにこれらのイベントを活用して、ブランドの認知度や売上を増加させているのだろうか?以下では、4つのD2Cブランドによるキャンペーン事例を紹介したい。 ホリデーや季節イベントを活用したキャンペーン事例4選 1.Thirdlove(サード・ラブ) Thirdloveは、2013年にHeidi ZakとDave Spectorによってサンフランシスコで設立された女性向けの下着ブランドだ。現在は「全ての女性に合った商品を提供する」という理念の基、オンラインのみで商品を展開している。 2017年にThirdloveは、”12 Days of Gifting”(ギフトの12日間)といったキャンペーンを打ち出した。これは、クリスマスまでの12日間毎日抽選で異なる商品がプレゼントされるといったキャンペーンである。”12 Days of Gifting”は、友人や恋人に贈るクリスマスのギフトとしては人気のあるアイディアだが、ビジネスとしてこのようなキャンペーンを打ち出した会社は少ない。 12日間毎日商品がSNSで紹介され、以下の3ステップを行うことで投稿へのインプレッション増加、フォロワー増加、そしてギフトを無料でプレゼントすることによるブランドのイメージアップを成功させた。 ①投稿を「いいね!」する ②SNSアカウントをフォローする ③コメント欄にギフトを送りたい友人のアカウント名を投稿する また、クリスマス用のプレゼント選びに迷うユーザーに対して、オススメの商品をブログで提案するといった取り組みもあって、既存のユーザーだけでなく潜在顧客にもブランドの良い印象を与えることに成功した。 このキャンペーンを行う前は、インスタグラムの各投稿における「いいね!」数が250から1,000に止まっていたのに対し、このキャンペーンが始まってから最初の投稿には、14,600もの「いいね!」があり、キャンペーン全体を通して高い数値を打ち出している。クリスマスとSNSを上手く活用しユーザーとの交流を図ることで、ブランドへのロイヤリティを高めることに成功したのだ。 2.Frank and Oak(フランク・アンド・オーク) Frank and Oakはモントリオールに本社を置く衣料品店。2012年にEthan SongとHicham Ratnanによって立ち上げられ、設立当初からグローバル展開をしている。企業理念には「男女ともにおしゃれな衣服を安く提供すること」を掲げている。 Frank and Oakはクリスマスにキャンペーンを行ったのだが、他のブランドとは違った施策を行った。“And”コレクションと呼ばれる衣服の販売を筆頭に、インクルージョン(一人ひとりが異なる存在として受け入れられ、その違いが活かされること)、平等そしてダイバーシティに焦点を置いたキャンペーンをクリスマスの数週間前に始めたのだ。 (画像は公式ウェブサイトより引用) 具体的な取り組みとしては、”And”という文字がプリントされたユニセックスの衣服を販売し、ユーザーがこのコレクションから衣料品を購入した場合、そのうちの5ドルが人権擁護を目的とした教育プログラムに寄付されるといったプロジェクトを行った。 Frank and Oakはこの季節をキャンペーンに上手く活用し、「coming together(一体となる/団結する) 」というテーマの基、人と違うことに誇りを持つことが重要だというメッセージを発信した。このキャンペーンを通して、寄付や啓蒙といった社会貢献を行うと同時に、Frank and Oakを知らなかった潜在顧客に関心を持ってもらうことができた。 3.Glossier(グロッシアー) Glossierはニューヨークに本社を置く化粧品ブランドで、2010年にEmily Weissによって設立された。実店舗はアメリカ国内に数店舗だけ存在し、ポップアップストアも出店されている。 「メイクアップをファッションのようにパーソナライズする」というミッションを掲げるGlossierは、2017年9月に異なる体型や職業を持つ女性5人を紹介する”Body Hero Campaign”を実施。 体型のコンプレックスを持ちがちな女子学生に対して、ポジティブなマインドを持ってもらいたいという思いから、バック・トゥ・スクールの時期にキャンペーンを行った。このキャンペーンは開始直後1週間で3万3千ドルの利益をだし、5千人ものユーザーがハッシュタグ#BodyHeroを使い、Glossierのブランド認知が一気に向上したのだ。 (画像は公式ウェブサイトより引用) また、Glossierはブラック・フライデーも上手く活用している。2017年のブラック・フライデーでは送料無料のキャンペーンが1週間続いて行われ、2016年に実施した3日間のキャペーンに比べ、期間を大幅に延長した。このキャンペーンは一般的なブラック・フライデーのセール時期よりも一足先に開始され、他のブランドよりも早く宣伝することで、認知度の確保、また顧客の予算の確保が可能となったのだ。 4.Warby Parker(ワービー・パーカー) Warby Parkerはアイウェアアクセサリーの店舗で、ニューヨークに本社を置いている。2010年にNeil Blumenthal、Andrew Hunt、David Gilboa、そしてJeffrey Raiderによって設立されアメリカとカナダの各地に店舗を展開している。 (画像は公式ウェブサイトより引用) Warby Parkerは他のブランドとは少し異なったキャンペーンを打ち出した。休日やその他のイベントを利用するのではなく、2017年に起こった大きなイベントを自社ブランドの認知度をあげる絶好の機会にしたのだ。その大きなイベントとは日食である。 2017年の日食はアメリカで最後に日食が起こってから実に99年ぶりの大イベントだったので大きく注目された。皆さんご存知だとは思うが日食とは月が太陽と重なり、完全に見えなくなる現象である。Warby Parkerはこれをユーザーにリーチする最適な機会だと考え、日食イベントのコミュニティに参加した。 (画像は公式ウェブサイトより引用) 日食の1週間前から、潜在顧客と既存のユーザーに対して安全に日食を鑑賞し十分に楽しむための知恵をSNS等でシェアした。この行動は、企業がユーザーを気にかけ価値のある情報を提供していることを示し、信頼を得るための絶好の機会となった。また同社は当日、日食を見に行きたいと思っている人達が集って共に日食を楽しむことのできるイベントも開催した。 彼らは国内のコミュニティすべてに対し大きなファンベースを作り上げ、ブランドの認知とイメージ向上を成し遂げた。このイベントの会場の一つでもあるテネシー州のナッシュビルでは、100人弱の参加者が集まり無料で日食用メガネを配布するなどした。これによりWarby Parkerは、企業が顧客と直接関わり合えるコミュニティを作り上げることに成功した。 最後に 冒頭でもお伝えしたが、ユーザーの意識や購買行動の変化に伴い今後ブランドは彼らのニーズや関心を素早く察知して、行動に起こすことが重要となる。アメリカではオンラインでの買い物が主流になっているので今回紹介したようなD2Cブランドの存在も大きくなっているのだろう。今後も引き続きD2Cブランドの動向に着目していきたい。 btraxではユーザーのインサイトに基づいたD2Cブランドのグローバル進出をサポートしている。今回ご紹介したようなユーザー獲得のためのプロモーション活動だけではなく、ウェブサイトの構築を含むブランド認知のためのマーケティング戦略立案も一貫して行っているので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせを。

続きを読む
 

YJキャピタルとEast Venturesのアクセラレータ「Code Republic」、第5期デモデイを開催——通算輩出の20社中、9社が次ラウンド調達に成功

YJ キャピタルと East Ventures が共同で運用するスタートアップアクセラレータ「Code Republic(コードリパブリック)」は11…
投稿 YJキャピタルとEast Venturesのアクセラレータ「Code Republic」、第5期デモデイを開催——通算輩出の20社中、9社が次ラウンド調達に成功 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む
 

パリ拠点のハードウェア特化VC兼コミュニティ「Hardware Club」、1号ファンドの規模を5,000万米ドルにまで拡大

コミュニティドリブンのプラットフォーム Hardware Club は11日、同社の1号ファンドのきぼを5,000万米ドルにまで拡大したと発表した。同…
投稿 パリ拠点のハードウェア特化VC兼コミュニティ「Hardware Club」、1号ファンドの規模を5,000万米ドルにまで拡大 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。…

続きを読む